活動報告・予告 / Annual Reports/若狭研究室2010

研究室教員

研究課題

  1. 30テスラ超強磁場下での化学反応の磁場効果(ナノ秒、ピコ秒過渡吸収)
  2. イオン液体中での光反応と磁場効果
  3. 磁場およびマイクロ波を用いた新規同位体濃縮法の開発
  4. 有機ケイ素、ゲルマニウム化合物の合成と光反応(有機合成もやります)
  5. 光触媒反応の磁場効果
  6. ナノ空間を利用した反応制御(メソポーラスシリカMCM-41)
  7. 磁場効果をプローブとした,反応場の構造および反応ダイナミクス
  8. 磁性光触媒の合成と光反応
  9. 高速光反応のメカニズムおよび磁場効果

発表論文

  1. Masao Gohdo, Masanobu Wakasa, Reexamination of the Photochemical Primary Process of Photo-Fries Rearrangement Reaction as Studied by MFE Probe, Chem. Lett., 39,106-107 (2010).
  2. Tomoaki Yago, Masao Gohdo, Masanobu Wakasa, Hydrogen Bonding Effects on the Reorganization Energy for Photo-induced Charge Separation Reaction between Porphyrin and Quinone Studied by Nano-second Laser Flash Photolysis, J. Phys. Chem. B, 114, 2476-2483 (2010).
  3. Saim Emin, Alexandre Loukanov, Masanobu Wakasa, Seiichiro Nakabayashi, Yasuko Kaneko, Photostability of Water Dispersible CdTe Quantum Dots: Capping Ligands and Oxygen,Chem. Lett., 39, 654-656 (2010).
  4. Hiroshi Morita, Yu Aoki, Shigeru Takahara, Masanobu Wakasa, Fluorescent Spherical Particle Formationfrom Solid Polysilanes by the Aid of Laser Ablation and Photochemical Reaction, J. Photopolym. Sci. Technol., 123, 371-378 (2010).
  5. Tomoaki Maeyama, Hiroki Matsui, Tomoaki Yago, Masanobu Wakasa, Magnetic Field Effects on Photochemical Reaction in Mesoporous Silicates of MCM-41 under High Magnetic Fields of up to 5 T, J. Phys. Chem. C, 114, 22190-22196 (2010).

学会発表(予定も含む)

  1. T. Yago, and M. Wakasa "Magnetic Field Effects on Photochemical Reactions in Ionic Liquids" Ohkayama Workshop on Fundamental Photochemical Process in Condensed Phase (Ohkayama Campus, Tokyo Tech , Tokyo, Japan, June 25, 2010, 招待講演)
  2. 岩﨑祿代・若狭雅信・矢後友暁 "イオン液体中でのベンゾフェノン‐チオフェノール連結化合物の光化学反応" 2010年光化学討論会(千葉大学西千葉キャンパス、2010年9月8日-9月10日)
  3. 岩見法之・矢後友暁・若狭雅信 "Brij35ミセル水溶液中でのベンゾフェノンの光反応に対するパルスマイクロ波効果" 2010年光化学討論会(千葉大学西千葉キャンパス、2010年9月8日-9月10日)
  4. 岡田倫英・矢後友暁・高増正・若狭雅信 "MFEプローブを用いたイオン液体のアルキル鎖長効果の研究" 第4回分子科学討論会(大阪大学豊中キャンパス、2010年9月14日-9月17日)
  5. 矢後友暁・浜崎亜富・若狭雅信 "MFEプローブのよるイオン液体中のCage効果の研究" 第4回分子科学討論会(大阪大学豊中キャンパス、2010年9月14日-9月17日)
  6. 松井弘貴・坂井貴文・若狭雅信 "マウス繊維芽細胞の成長に対する強磁場の影響" 第5回日本磁気科学会年会(九州大学西新プラザ、2010年10月22日-10月23日)
  7. 阿部俊貴・若狭雅信 "磁性光触媒反応の磁場効果" 第5回日本磁気科学会年会(九州大学西新プラザ、2010年10月22日-10月23日)
  8. 田中深雪・若狭雅信 "高磁場下におけるチオベンゾフェノンの光還元反応に対する磁場効果" 第5回日本磁気科学会年会(九州大学西新プラザ、2010年10月22日-10月23日)
  9. 田中深雪・矢後友暁・若狭雅信 "チオベンゾフェノンの光反応に対する磁場効果" 第49回電子スピンサイエンス学会年会(名古屋大学豊田講堂シンポジオンホール、2010年11月11日-11月13日)
  10. M. Tanaka and M. Wakasa "Local structure of ionic liquid probed by self-quenching of thiobenzophenone" Pacifichem 2010 (Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010)
  11. 鈴木康修・矢後友暁・坂口喜生・若狭雅信 "PPV誘導体を発光層に用いた有機EL素子の発光に対する磁場効果" 第91回春季年会(神奈川大学 横浜キャンパス、2011年3月26日-3月29日)
  12. 松岡弘晃・矢後友暁・若狭雅信 "チイルラジカルの発光を用いたMFEプローブの開発" 第91回春季年会(神奈川大学 横浜キャンパス、2011年3月26日-3月29日)
  13. 村田龍太郎・矢後友暁・若狭雅信 "ナノ秒過渡吸収法によるフォトクロミック反応の研究" 第91回春季年会(神奈川大学 横浜キャンパス、2011年3月26日-3月29日)
  14. 岩見法之・矢後友暁・若狭雅信 "ベンゾフェノンの光反応におけるパルスマイクロ波を用いた炭素同位体濃縮法の検討"第91回春季年会(神奈川大学 横浜キャンパス、2011年3月26日-3月29日)
  15. 松井弘貴・坂井貴文・若狭雅信 "マウス繊維芽細胞の成長に対する強磁場の影響" 第91回春季年会(神奈川大学 横浜キャンパス、2011年3月26日-3月29日)
  16. 阿部俊貴・若狭雅信 "磁性光触媒反応の磁場効果" 第91回春季年会(神奈川大学 横浜キャンパス、2011年3月26日-3月29日)
  17. 矢後友暁・前山智明・松井弘貴・若狭雅信 "ナノ細孔MCM-41中での光化学反応に対する磁場効果:SLE解析" 第91回春季年会(神奈川大学 横浜キャンパス、2011年3月26日-3月29日)

外部資金獲得状況

  1. 平成22年度 磁気健康科学研究振興財団 研究代表者 若狭雅信 『線維芽細胞の成長ならびに形態変化に対する磁場の影響とメカニズム解明』(600千円)

科学研究費補助金

  1. 平成22-24年度 基盤研究 B 研究代表者 若狭雅信 『時間分解高周波ESRと磁場効果をプローブとしたナノ反応場のダイナミクスの解明』 (15,700千円)
  2. 平成21,22年度 若手研究 B 研究代表者 矢後友暁  『時間分解ファラデー回転測定装置の開発と有機スピン偏極材料への応用』 (3,940千円)