活動報告・予告 / Annual Reports/石井研究室2015

研究室教員

発表論文

  1. N. Nakata, and A. Ishii Koubunshi Ronbunshu, 72, 285–294(2015) Precise Polymerization of α-Olefins Using a Mixed Donor-Type Ligand Containing Oxygen and Sulfur Atoms.
  2. A. Ishii, Y. Makishima, and N. Nakata J. Org. Chem., 80, 11598–11604 (2015) Red and Near-Infrared Photoluminescence of D-π-A-Type Compounds Based on a 1,4-Diaryl-1-thio-1,3-butadiene Conjugated System in a Dibenzobarrelene Skeleton.
  3. T. Toda, N. Nakata, T, Matsuo, and A. Ishii RCS Adv., 5, 88826–88831 (2015) Extremely active α-olefin polymerization and copolymerization with ethylene catalyzed by a dMAO-activated zirconium(IV) dichloro complex having an [OSSO]-type ligand.
  4. N. Nakata, N. Sekizawa, and A. Ishii Chem. Commun, 51, 10111–10114 (2015) Cationic dinuclear platinum and palladium complexes with bridging hydrogermylene and hydrido ligands.
  5. T. Annaka, N. Nakata, and A. Ishii Organometallics, 34, 1272–1278 (2015) Synthesis, Structures, and Temperature-Dependent Photoluminescence of 1,4-Diphenyl-1-telluro-1,3-butadiene Incorporated in a Dibenzobarrelene Skeleton and Derivatives.
  6. N. Nakata, S. Aoki, V. Ya. Lee, and A. Sekiguchi Organometallics, 34, 2699–2702 (2015). A Schrock-Type Germylene Complex: (η5-C5H4Et)2(PMe3)Hf=Ge(SiMetBu2)2
  7. T. Annaka, N. Nakata, and A. Ishii Bull. Chem. Soc. Jpn., 88, 554–561 (2015) Synthesis and Photophysical Properties of Extended π-Conjugative and Push-pull Type 1,4-Diaryl-1-thio-1,3-butadienes.
  8. N. Nakata, N. Furukawa, H. Kobayashi, I. Suzuki, and A. Ishii Heterocycles, 90, 144-149(2015) Palladium(0)-mediated C-S and O-H Bonds Cleavage Reaction in 2-Hydroxybenzyl Phenyl Sulfide: Formations of Oxyphosphorane and 1,2-Oxapalladacycle

学会発表

  1. International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-XI)(2015.6.14-19、Caen、France)A Reversible and Turn-On Fluorescent Probe for Hydrogen Sulfide via Selenide /Selenoxide Redox Cycle(KN6’)○Norio Nakata, Tatsuro Annaka, Akihiko Ishii
  2. International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-XI)(2015.6.14-19、Caen、France)Chlorogermylenes Stabilized by [NSN]-Type Sulfodiimide Ligands: Sythesis and Properties(Poster 29)○Norio Nakata, Narimi Hosoda, Akihiko Ishii
  3. 第62回有機金属化学討論会(2015.9.7-9、関西大学、千里山キャンパス)嵩高いリン配位子によって安定化されたシライミンの合成と反応性(P2-86) ○渡辺孝典・中田憲男・橋爪大輔・加藤剛・BACEIREDO, Antoine
  4. 第62回有機金属化学討論会(2015.9.7-9、関西大学、千里山キャンパス)スルホジイミド配位子を有するゲルマニウム二価化学種の合成と反応性(P2-93)○細田也実・中田憲男・石井昭彦
  5. 第64回高分子討論会(2015.9.15-17、東北大学、川内キャンパス)[OSSO]型補助配位子を有するジルコニウム錯体を触媒とするω-シロキシ-α-オレフィン類の重合反応(2Pb024)○斉藤雄介・中田憲男・石井昭彦
  6. 第64回高分子討論会(2015.9.15-17、東北大学、川内キャンパス)[OSO]および[OSeO]型ビス(フェノラート)アルミニウム錯体:合成と環状エステルの開環重合反応への応用(2Pa023)○豊田美希・中田憲男・石井昭彦
  7. 錯体化学会第65回討論会(2015.9.21-23、奈良女子大学)カチオン性μ-シリレンおよびμ-ゲルミレンヒドリド架橋白金およびパラジウム二核錯体:合成と構造(1PD-09)○平井友梨・中田憲男・石井昭彦
  8. 錯体化学会第65回討論会(2015.9.21-23、奈良女子大学)嵩高いセレノラト配位子を有する16電子イリジウム(III)錯体の合成、構造および反応性(1Da-03)○柴田知佳・中田憲男・石井昭彦
  9. 第26回基礎有機化学討論会(2015.9.24-27、愛媛大学城北キャンパス、松山大学文京キャンパス)ジベンゾバレレンに組み込まれた1,4-ジアリール-1,3-ブタジエン蛍光化合物の合成と光物性(2C-06)○柴田麻里・中田憲男・石井昭彦
  10. The 5th Asian Silicon Symposium (ASIS-5)(2015.10.18-21、Jeju、Korea)Synthesis and Structure of Cationic Dinuclear Palladium Complex Containing μ-Hydrido and μ-Silylene Ligands(OP17)○Norio Nakata, Noriko Sekizawa, Yuri Hirai, Akihiko Ishii
  11. 第19回ケイ素化学協会シンポジウム(2015.10.23-24、滋賀)μ-シリレンカチオン性ヒドリド架橋パラジウム二核錯体:合成と構造(P53)○平井友梨・中田憲男・石井昭彦
  12. 第45回複素環化学討論会(2015.11.19-21、早稲田大学、国際会議場)1-(2-フリルチオ)-および1-(2-ピロリルチオ)-1-ブテン-3-インの分子内Diels-Alder反応(1P-14)○大島佑介・中田憲男・石井昭彦
  13. Asian Polyolefin Workshop 2015(2015.11.23-27、首都大学東京、南大沢キャンパス)Isospecific Polymerization of Terminal Siloxy-Substituted α-Olefin(P005)○Yusuke Saito, Norio Nakata, Akihiko Ishii
  14. 第42回有機典型元素化学討論会(2015.12.3-5、名古屋大学、野依記念学術交流館)フェニルスルホジイミド配位子により安定化されたクロロゲルマニウム(II)化合物:合成、構造および反応性(O-11)○細田也実・中田憲男・石井昭彦
  15. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)[NPN]型イミノホスホナミド配位子を有するクロロゲルミレンおよびクロロスタンニレンの合成と性質(3E2-35)○高橋慎太郎・中田憲男・石井昭彦
  16. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)アリール置換[OSSO]型ジルコニウム錯体を用いた1-ヘキセンの位置選択的オリゴマー化反応(1E5-11)○中村一瑛・斎藤雄介・中田憲男・石井昭彦
  17. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)6員環アミノゲルミレンの酸化反応(2E2-40)○豊田美希・中田憲男・橋爪大輔・Saffon-Merceron Nathalie・Baceiredo Antoine・加藤剛
  18. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)ジベンゾバレレン骨格に組み込まれた1,4-ジ-2-チエニル-1-チオ-1,3-ブタジエン誘導体の合成とその性質(2F7-48)○小笠原亮・中田憲男・石井昭彦
  19. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)16電子セレナイリダサイクルと水素および三級シランとの反応(2E5-19)○柴田知佳・中田憲男・石井昭彦
  20. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)ジベンゾバレレン骨格に組み込まれた2,4-ジフェニルペンタ-2,4-ジエン-1-チオンの合成と性質(2F7-41)○柴田麻里・中田憲男・石井昭彦
  21. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)六員環1,3-ビス(クロロスタンニレン)の合成と性質(2E2-46)○細田也実・中田憲男・石井昭彦
  22. 日本化学会第96回春季年会(2016.3.24-27、同志社大学、京田辺キャンパス)ルイス塩基によって安定化されたシライミンの反応性(2E2-38)○渡辺孝典・中田憲男・橋爪大輔・加藤剛・Baceiredo Antoine

学会発表-特記事項

講演会・セミナー発表

外部資金獲得状況

  1. 平成26-27年度(2014-2015)徳山化学技術振興財団・研究助成金,新規な機能性ポリオレフィンの創製を指向した極性モノマーの立体制御重合法の開発,中田憲男(代表) 2,000千円
  2. 平成26-27年度(2014-2015)JST 研究成果最適転回支援プログラム A-STEP 生体内の硫化水素を可視化するON-OFF型傾向プローブの開発, 中田憲男(代表) 1,307,693円

科学研究費補助金

  1. 平成25-27年度(2013-2015) 基盤研究(C),高付加価値オレフィンの精密重合を可能とする[OSSO]型触媒の開発・設計,中田憲男(研究代表者)1,300千円(平成27年度)
  2. 平成27-28年度(2015-2016) 新学術領域研究,ヒドリドシリレンを感応性化学種とする触媒機能の設計・開発,中田憲男(研究代表者)2,000千円 (平成27年度)

共同研究

  1. 遷移金属触媒を用いる効率的・選択的合成反応の研究, A社,石井昭彦
  2. 実験的電子密度分布懐石に基づく遷移金属的ケイ素化合物の生成機構解明と反応設計, 理研(橋爪大輔), フランス・ポールサバチエ大学(加藤 剛, Antoine Baceiredo), 中田憲男

学会活動等

  1. Heteroatom Chemistry (Wiley) Far-East Editor (Akihiko Ishii)

地域貢献等