活動報告・予告 / Annual Reports/二又研究室2008

研究室教員

発表論文

  1. Masayuki Futamata, Yoshihiro Maruyama, “LSP spectral changes correlating with SERS activation and quenching for R6G on immobilized Ag nanoparticles”, Applied Physics B, 93, 117-130 (2008).
  2. Masayuki Futamata, Yoshihiro Maruyama, “Anion-induced activation or quenching of SERS signal from R6G on immobilized Ag nanoparticles”, Proceedings of 21th ICORS, 2008, pp.391-392.
  3. Masayuki Futamata, Yoshihiro Maruyama, “Fabrication of SERS substrates using EBL or nanosphere overlayer method”, Proceedings of 21th ICORS, 2008, pp.393-394.
  4. 二又政之、城石英伸、松田直樹、” 固体電解質形燃料電池用触媒の局所反応解析及び長期性能改善のための研究”, NEDO 研究報告書, 2009.03. pp. 1-30.

学会発表

  1. M. Futamata, Y. Maruyama, “Anion-induced activation or quenching of SERS signal from R6G on immobilized Ag nanoparticles”, 21th ICORS, Aug. 21, 2008, London (U.K.).
  2. M. Futamata, Y. Maruyama, “Fabrication of SERS substrates using EBL or nanosphere overlayer method”, 21th ICORS, Aug. 21, 2008, London (UK).
  3. 丸山芳弘、二又政之, “SERS化学的増強におけるアニオンの役割”, 2009春応用物理学会, 2009.3.30, つくば.
  4. 高橋賢、二又政之, “固液界面のTERS測定”, 2009春応用物理学会, 2009.3.30, つくば.
  5. 丸山芳弘、二又政之, “SERS化学的増強におけるアニオン効果”, 科研費特定領域シンポ(光―分子強結合場), 2009.1.16 (東京).
  6. 丸山芳弘、二又政之 (依頼講演), “SERS化学的増強におけるアニオン効果”, 日本分光学会、高感度表面・界面分光部会第1回シンポジウム 他2件(日本分光学会年会など)、合計8件

学会活動

  1. 日本分光学会高感度表面・界面分光部会代表、第1回シンポの計画・運営
  2. 日本分光学会代議員

共同研究

  1. 産総研客員研究員、” 金属クラスターの触媒作用の解析” (産総研 村上純一博士).

外部資金獲得状況

  1. 科研費基盤研究B(一般):(H20-H22) 分担研究(研究代表者: 産総研 松田直樹)、200万円
  2. NEDO固体高分子形燃料電池次世代技術開発「局所的触媒反応機構解明と長期的触媒特性改善のための研究開発」(H19-H20) 800万円(研究代表者、H20年度予算1000万円のうち)
  3. ソルトサイエンス研究財団:「塩化ナトリウムおよび関連する塩を利用した超高感度分光法の研究」(H20)研究代表者、100万円