活動報告・予告/Annual Reports/藤原研究室2017 のバックアップの現在との差分(No.3)


[[活動報告・予告/Annual Reports]]

#norelated
*研究室教員 [#t587c69e]
-准教授 藤原 隆司(科学分析支援センター所属)
(Researcher ID   :   H-4032-2012)
(ORCID iD orcid.org/0000-0003-2404-609X)

    専門分野:無機化学,錯体化学

  ※永澤 明教授は平成25年3月に定年退職されました(名誉教授)

*学会発表 [#m1074137]

  ※錯体化学討論会,日本化学会春季年会,CSJ化学フェスタなどに発表

*発表論文 [#u98d7f3c]
+"A red fluorophore comprising a borinate-​containing xanthene analogue as a polyol sensor" ,
Shimomura, N.; Egawa, Y.; Miki, R.; Fujihara, T.; Ishimaru, Y.; Seki, T. Organic & Biomolecular Chemistry, 2016, 14, 10031-10036
+"Luminescence of tartrate bridged dinuclear 2,​2'-​bipyridine platinum(II) complexes: emission color controlled by intra- and inter-​molecular interactions in the solid state",
Ohno, Keiji; Tanuma, Honami; Kusano, Yukiko; Kaizaki, Sumio; Nagasawa, Akira; Fujihara, Takashi
Dalton Transactions (2017), 46(23), 7612-7618
+"Change in Luminescence Induced by Solution-Mediated Phase-Transition of Cyclometalated Platinum(II) Complex with Isoquinoline Carboxylate",
K. Ohno, M. Hasebe, A. Nagasawa and T. Fujihara
Inorg. Chem., 2017, 56 (20), pp 12158–12168
+"A polyrotaxane gel using boronic acid-appended γ-cyclodextrin as a hybrid cross-linker",
W. Uchida, M. Yoshikawa, T. Seki, R. Miki, T. Seki, T. Fujihara, Y. Ishimaru and 
Y. Egawa
J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 2017, 89, pp 281–288

*外部資金獲得状況 [#y7e6c723]
-企業や自治体との共同研究・受託研究 1件

  ※ 機能性金属錯体の合成や解析,その他科学分析支援センターの分析機器を用いた共同研究を行っています。

  ※ 科学分析支援センターでの各種分析機器による依頼分析も担当しています(http://www.mlsrc.saitama-u.ac.jp/service4.html)。
    

*学外活動 [#w0c767c1]
+早稲田大学先進理工学部 非常勤講師(H18-21, H24-29年度)
+東京農工大学工学部有機材料化学科 非常勤講師(H29-年度)
+静岡大学理学部 非常勤講師(夏季集中講義,H28-年度)
+大学連携研究設備ネットワーク 埼玉大学委員(H19年度~)
+CSJ化学フェスタ2017実行委員(2014~)
+高校などへの出張講義・実験(基礎化HP,出張講義・実験案内のページをご参照ください。その他の実験も応相談)