活動報告・予告/Annual Reports/坂本研究室2012 のバックアップの現在との差分(No.1)


#norelated
*研究室教員 [#z7373abd]
-准教授 坂本 章

*原著論文(査読あり) [#h64de629]
+A. Sakamoto, K. Mori, K. Imura, and H. Okamoto,
"Nanoscale Two-Photon Induced Polymerization of Diacetylene LB Film by Near-Field Photoirradiation",
J. Phys. Chem. C, 115, 6190 – 6194 (2011).
+坂本 章,
講座 「赤外分光測定法―基礎と最新手法」, 第II部 各種測定法編, 第10回 「17. 時間分解赤外分光法」,
分光研究, Vol.60(No.4), 145-153 (2011).
+A. Sakamoto, S. Ochiai, H. Higashiyama, K. Masutani, J. Kimura, E. Koseto-Horyu, M. Tasumi, "Raman Studies of Japanese Art Objects by a Portable Raman Spectrometer Using Liquid Crystal Tunable Filters", J. Raman Spectrosc., 43, 787 – 791 (2012).
+A. Sakamoto, N. Ohya, T. Hasegawa, H. Izumi, N. Tokita, and Y. Hamada, "Determination of the Absolute Stereochemistry of Limonene and a-Santalol by Raman Optical Activity Spectroscopy", Natural Product Commun., 7, 419 – 421 (2012).

*著書・総説・解説等 [#f033aa23]
+坂本 章, 「基本的な試料取扱法」, 「赤外分光測定法―基礎と最新手法」 [田隅 三生 編著, (社)日本分光学会編集委員会] ((株)エス・ティ・ジャパン), 第I部 基礎編, 第2章, pp. 6 – 10 (2012).
+坂本 章, 「時間分解赤外分光法」, 「赤外分光測定法―基礎と最新手法」 [田隅 三生 編著, (社)日本分光学会編集委員会] ((株)エス・ティ・ジャパン), 第II部 各種測定法編, 第20章, pp. 149 – 157 (2012). 

*学会発表・シンポジウム講演等 [#hdf6d66e]
+A. Sakamoto and M. Takezawa,
"Picosecond Time-Resolved Infrared Absorption Studies on Photoexcited States of π-Conjugated Polymers",
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010 (ICSM 2010) [July 2010, Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan]
+Akira Sakamoto, Shukichi Ochiai, Hisamitsu Higashiyama, Koji Masutani, Jun-ichi Kimura, Emi Koseto-Horyu, and Mitsuo Tasumi,
"Development and Improvement of Portable Raman Imaging Spectrometers for Studying Cultural Properties",
XXII International Conference on Raman Spectroscopy (ICORS 2010) [August 2010, Boston, Massachusetts, USA]
+Akira Sakamoto, Tomohisa Harada, Yasuhiro Takahashi, Nobuki Tanaka,
"A new approach to the spectral study of unstable radicals and ions in solution by the use of an inert gas glovebox system: observation and analysis of the infrared spectra of the radical ions, divalent ions, and tetravalent ions of some conjugated molecules",
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) [December 2010, Honolulu, Hawaii, USA]
+齊藤 友里恵,坂本 章,
「近赤外光励起ピコ秒時間分解ラマン分光法による9,9’-ビアントリルの光励起状態の研究」,
第6回 分子科学討論会 2012 [2012年9月,東京大学 本郷キャンパス]
+鈴木 暁彦,坂本 章,
「ポンプ光波長可変フェムト秒時間分解赤外マルチチャンネル分光システムの試作と応用」,
第6回 分子科学討論会 2012 [2012年9月,東京大学 本郷キャンパス]

*特許 [#qcb7c191]

*外部資金獲得状況 [#p8c4f76a]
+科学研究費補助金 基盤研究(C),期間:平成22~24年度,
研究代表者:坂本 章,
研究課題名:共役ラジカルイオン二量体分子系の赤外吸収測定と電子-分子振動相互作用の解析,
研究経費:3,700 千円(平成22年度:1,700 千円,平成23年度:1,300 千円,平成24年度:700 千円)[この他に間接経費として直接経費の30%]
+科学研究費補助金 特定領域研究「分子高次系機能解明のための分子科学」(公募研究),期間:平成22~23年度,
研究代表者:坂本 章,
研究課題名:近赤外光励起ピコ秒時間分解ラマン分光法による機能性分子・高分子・生体分子の研究,
研究経費:4,000 千円(平成22年度:2,000 千円,平成23年度:2,000 千円)
+先端計測分析技術・機器開発事業 「プロトタイプ実証・実用化プログラム」 [独立行政法人 科学技術振興機構],期間:平成21年度-平成23年度,
チームリーダー:東山 尚光((株)エス・ティ・ジャパン),サブリーダー:坂本 章,
開発課題名: 文化財等複合材料評価用ラマンイメージング装置の開発,
開発費(総額):66,500 千円(平成21年度:20,500 千円,平成22年度:28,150 千円,平成23年度:17,850 千円),
受託研究経費(埼玉大学直接配分額):5,800 千円(平成21年度:1,500 千円,平成22年度:1,900 千円,平成23年度:2,400 千円)[この他に間接経費として直接経費の30%]

*学会等の活動 [#ya6a873e]
+日本分光学会 赤外ラマン分光部会 幹事(会計) [平成17年3月~]
+日本分光学会 企画委員会 委員 [平成20年1月~]
+第7回先端振動分光学国際会議(7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy) [2013年8月, 神戸, 組織委員長:尾崎 幸洋 教授(関西学院大学理工学部)] 国内組織委員(Local Organizing Committee) [平成24年4月~]
+2014年超高速現象国際会議(International Conference on Ultrafast Phenomena 2014) [2014年7月, 沖縄, 組織委員長:山内 薫 教授(東京大学大学院理学系研究科), プログラム委員長:五神 真 教授(東京大学大学院理学系研究科)] 日本側組織委員(Local Organizing Committee) [平成24年8月~]