活動報告・予告/Annual Reports/坂本研究室2008 のバックアップ(No.3)


研究室教員

原著論文(査読あり)

  1. A. Sakamoto, O. Nakamura, M. Tasumi, "Picosecond Time-Resolved Polarized Infrared Spectroscopic Study of Photoexcited States and Their Dynamics in Oriented Poly(p-phenylenevinylene)", J. Phys. Chem. B., 112, 16437-16444 (2008).
  2. K. Tsumura, K. Furuya, A. Sakamoto, and M. Tasumi, "Vibrational analysis of trans-stilbene in the excited singlet state by time-dependent density functional theory: calculations of the Raman, infrared, and fluorescence excitation spectra", J. Raman Spectrosc., 39 (Prof. H. Hamaguchi Special Issue), 1584-1591 (2008).
  3. A. Sakamoto, T. Harada, N. Tonegawa, "A New Approach to the Spectral Study of Unstable Radicals and Ions in Solution by the Use of an Inert Gas Glovebox System: Observation and Analysis of the Infrared Spectra of the Radical Anion and Dianion of p-Terphenyl", J. Phys. Chem. A., 112, 1180-1187 (2008).
  4. O. Tsukamoto, M. Villeneuve, A. Sakamoto, and H. Nakahara, "Excited State Proton Transfer of Pyranine in Octadecylamine Langmuir?Blodgett Films of Different Structures", Chem. Phys. Lett., 454, 247-251 (2008).

特許

  1. 発明者:中川 孝郎,落合 周吉,増谷 浩二,東山 尚光,坂本 章, 出願人:(株)エス・ティ・ジャパン,埼玉大学, 発明の名称:ラマンイメージング装置, 特許出願番号:特願2008-294584, 出願日:2008年11月18日.

外部資金獲得状況

  1. 科学研究費補助金 特定領域研究「分子高次系機能解明のための分子科学」(公募研究),期間:平成20~21年度, 研究代表者:坂本 章, 研究課題名:近赤外光励起ピコ秒時間分解ラマン分光法による機能性分子・高分子・生体分子の研究, 研究経費:3,400 千円(平成20年度:1,700 千円,平成21年度:1,700 千円)
  2. 科学研究費補助金 特定領域研究「次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能」(公募研究),期間:平成19~20年度, 研究代表者:坂本 章, 研究課題名:配列制御された共役ポリマーのピコ秒赤外吸収測定と励起電子–分子振動相互作用の解明, 研究経費:2,600 千円(平成19年度:1,300 千円,平成20年度:1,300 千円)

学会等の活動

  1. 平成20年9月~ 分子科学会 監査
  2. 平成20年6月~平成21年3月 国立歴史民族博物館 平成20年度企画展示「錦絵はいかにつくられたか」 展示プロジェクト委員
  3. 平成20年1月~ 日本分光学会 企画委員会 委員
  4. 平成17年3月~ 日本分光学会 赤外ラマン分光部会 幹事(会計)