活動報告・予告/Annual Reports/二又研究室2011 のバックアップ(No.1)


研究室教員

発表論文

1. Masayuki Futamata, Yingying Yu, Tomomi Yanatori, Takeshi Kokubun, “Closely Adjacent Ag Nanoparticles Formed by Cationic Dyes in Solution Generating Enormous SERS Enhancement, Journal of Physical Chemistry C, 114, 7502-7508 (2010). 2. 二又政之、“単分子分光”、ナノ計測の国際比較(科学技術振興機構)、2010年123-132.

外部資金獲得状況

科研費基盤研究B(一般):研究代表者、370万円 科研費特定領域・公募研究:「金属ナノ構造と吸着分子の間の電子的相互作用の解明」(H21-H22)研究代表者 190万円 ソルトサイエンス研究財団:「塩化ナトリウムおよび関連する塩を用いた超高感度定量状態分析法の開発」(H22)研究代表者、90万円