活動報告・予告/Annual Reports/上野研究室2014 のバックアップ(No.6)


研究室教員

研究課題

  1. 溶液塗布法によるグラフェン薄膜形成とさまざまな素子への応用
  2. 可溶化グラフェンを用いた新奇機能性材料の開発
  3. さまざまな層状物質の単結晶形成,単層剥離と素子応用
  4. 大面積層状物質薄膜の塗布形成手法開発
  5. 塗布・印刷法による有機薄膜素子(電界効果トランジスタ,太陽電池)形成
  6. 炭素系材料/シリコンヘテロ接合太陽電池の開発

発表論文

  1. "Ambipolar MoTe2 Transistors and Their Applications in Logic Circuits"
    • Y.-F. Lin, Y. Xu, S.-T. Wang, S.-L. Li, M. Yamamoto, A. Aparecido-Ferreira, W. Li, H. Sun, S. Nakaharai, W.-B. Jian, K. Ueno, and K. Tsukagoshi
    • Adv. Mater. 26 (2014) 3263–3269
    • DOI:10.1002/adma.201305845

総説,解説等

  1. 「原子層エレクトロニクスに向けたカルコゲナイド系層状物質の基礎物性と薄膜形成手法」

著書

学会(予定も含む)

研究会,セミナー講演(予定も含む)

アウトリーチ活動

特許

外部資金獲得状況

  1. 平成25〜29年度 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
    • 「原子層科学」(領域代表者:東北大学 齋藤理一郎教授)
    • 計画研究(総括班およびA03応用班)研究分担者
    • 直接経費(平成26年度) 総括班:200千円,応用班:4,000千円
  2. 民間企業との共同研究 1件
  3. 「次世代有機太陽電池開発プロジェクト」参加

学会等の活動,学外教育活動