活動報告・予告/Annual Reports/上野研究室2014 のバックアップの現在との差分(No.26)


#norelated
*研究室教員 [#tf0d9e56]
-准教授 上野 啓司[[(研究室Webページ):http://surface-www.chem.saitama-u.ac.jp/wiki/index.php]]
-Researcher ID: [[B-2741-2012:http://www.researcherid.com/rid/B-2741-2012]]
*研究課題 [#n94096bd]
+溶液塗布法によるグラフェン薄膜形成とさまざまな素子への応用
+可溶化グラフェンを用いた新奇機能性材料の開発
+さまざまな層状物質の単結晶形成,単層剥離と素子応用
+大面積層状物質薄膜の塗布形成手法開発
+塗布・印刷法による有機薄膜素子(電界効果トランジスタ,太陽電池)形成
+炭素系材料/シリコンヘテロ接合太陽電池の開発

*発表論文 [#j8e32011]
+"Ambipolar MoTe&subsc{2}; Transistors and Their Applications in Logic Circuits"
--Y.-F. Lin, Y. Xu, S.-T. Wang, S.-L. Li, M. Yamamoto, A. Aparecido-Ferreira, W. Li, H. Sun, S. Nakaharai, W.-B. Jian, K. Ueno, and K. Tsukagoshi
--Adv. Mater. ''26'' (2014) 3263–3269
--DOI:[[10.1002/adma.201305845:http://dx.doi.org/10.1002/adma.201305845]]
+"Improved photovoltaic response by incorporating green tea modified multiwalled carbon nanotubes in organic–inorganic hybrid solar cell"
--I. Khatri, Q. Liu, R. Ishikawa, K. Ueno, and H. Shirai
--Can. J. Phys. ''92'' (2014) 849–852
--DOI:[[10.1139/cjp-2013-0506:http://dx.doi.org/10.1139/cjp-2013-0506]]
+"Self assembled silver nanowire mesh as top electrode for organic–inorganic hybrid solar cell"
--I. Khatri, Q. Liu, R. Ishikawa, K. Ueno, and H. Shirai~
--Can. J. Phys. ''92'' (2014) 867–870
--DOI:[[10.1139/cjp-2013-0564:http://dx.doi.org/10.1139/cjp-2013-0564]]
+"Improved performance of poly(3,4-ethylenedioxythiophene):poly(stylene sulfonate)/n-Si hybrid solar cell by incorporating silver nanoparticles"
--I. Khatri, Q. Liu, K. Ueno and H. Shirai
--Jpn. J. Appl. Phys. ''53'' (2014) 110305 (4 pages) 
--DOI:[[10.7567/JJAP.53.110305:http://dx.doi.org/10.7567/JJAP.53.110305]]
+"Efficient organic/polycrystalline silicon hybrid solar cells"
--Q. Liu, T. Ohki, D. Liu, H. Sugawara, R. Ishikawa, K. Ueno, and H. Shirai
--Nano Energy ''11'' (2015) 260–266
--DOI:[[10.1016/j.nanoen.2014.10.032:http://dx.doi.org/10.1016/j.nanoen.2014.10.032]]
+"Self-Limiting Layer-by-Layer Oxidation of Atomically Thin WSe&subsc{2};"
--M. Yamamoto, S. Dutta, S. Aikawa, S. Nakaharai, K. Wakabayashi, M. Fuhrer, K. Ueno, and K. Tsukagoshi
--Nano Lett. (2015) in press
--Nano Lett. ''15'' (2015) 2067–2073
--DOI:[[10.1021/nl5049753:http://dx.doi.org/10.1021/nl5049753]]

*総説,解説等 [#ob62ba79]
+「原子層エレクトロニクスに向けたカルコゲナイド系層状物質の基礎物性と薄膜形成手法」
--上野啓司,塚越一仁
--応用物理 Vol.83 No.4 (2014) 274-278
--[[学会誌リンクはこちら:http://www.jsap.or.jp/ap/]]
+記事作成協力
--応用物理 Vol.83 No.8 (2014) 642
--「完全保存版:これをみれば応物が分かる」のナノカーボン領域に掲載する研究を推薦
--[[学会誌リンクはこちら:http://www.jsap.or.jp/ap/]]
+「塗布グラフェン電極を用いた有機/無機ハイブリッドCMOS素子の形成」
--菅沼洸一,白井肇,上野啓司
--電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol.135 No.2 (2015) 156-159
--[[学会誌リンクはこちら:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ieejeiss/135/2/_contents/-char/ja/]]
+「酸化グラフェンを利用した透明導電性塗布膜」
--上野啓司
--月刊ファインケミカル 2015年2月号 特集「酸化グラフェンの産業応用」
--[[雑誌紹介ページはこちら:http://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4812]]

*著書 [#e0a8bf0e]
+「グラフェン・コンポジット 〜炭素原子1個の薄さのシートによる社会・産業基幹材料の強靱化・高性能化〜」
--新谷紀雄 監修,S&T出版,2014,ISBN 978-4-907002-39-8
--執筆担当 第4章「グラフェン機能薄膜」 第1節「グラフェン透明電極の溶液塗布による作製と応用」

*学会(予定も含む) [#c1c3c372]
+2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会(2014年9月17〜20日,北海道大学)
--Si/PEDOT:PSS ヘテロ接合太陽電池の光照射下での劣化
---埼玉大院理工 &super{○};武居雄輝,八木大地,石川 良,白井 肇,上野啓司 17a-PA2-8
--酸化物層挿入によるSi/PEDOT:PSSヘテロ接合太陽電池の高性能化
---埼玉大院理工 &super{○};八木大地,武居雄輝,石川 良,白井 肇,上野啓司 17a-PA2-23
--PEDOT:PSS/多結晶Si接合太陽電池
---埼玉大理工研 &super{○};劉 奇明,大木達也,石川 良,上野啓司,白井 肇 17a-PB4-19
--霧化塗布法PEDOT:PSSのテクスチャーSi上へのミスト輸送,基板付着過程の診断 Ⅱ
---埼玉大理工研&super{1};,台湾交通大&super{2};,チャレンジ&super{3};,東洋大バイオナノエレクトロニクス研究センター&super{4}; &super{○};大木達也&super{1};,菅原広充&super{1};,市川浩気&super{1};,古 佩儒&super{2};,藤山和彦&super{3};,花尻達郎&super{4};,石川 良&super{1};,上野啓司&super{1};,孫 建文&super{2};,白井 肇&super{1}; 18a-A25-12
--層状WTe&subsc{2};単結晶を用いた電界効果トランジスタ作製と評価
---埼玉大院理工 &super{○};福島宏治,上野啓司 18a-PA3-8
--層状遷移金属Se、Te化合物の化学気相成長
---埼玉大院理工 &super{○};田崎直也,上野啓司 18a-PA3-9
--前駆体溶液塗布膜からの大面積層状ダイカルコゲナイド薄膜の作製
---埼玉大院理工 &super{○};黒崎祐太郎,上野啓司 18a-PA3-10
--遷移金属ダイカルコゲナイドの基礎物性と薄膜形成(30分)
---シンポジウム「機能性原子薄膜化合物材料の新展開」
---埼玉大院理工 &super{○};上野啓司 18p-B3-2(招待講演)
--酸化亜鉛ナノ粒子を電子輸送層とするペロブスカイト太陽電池(2)
---埼玉大院理工 &super{○};石川 良,山中孝紀,本多善太郎,上野啓司,白井 肇 19p-A1-13
+The 6th International Conference on Recent Progress in Graphene Research (RPGR2014) (Sep. 21 - 25, 2014, Taipei)
--"Fabrication of Ambipolar α-MoTe&subsc{2}; Thin Film Field-Effect Transistors"
---&super{○};Keiji Ueno, Yusuke Tabata, PJ-01
+The 1st International Conference on Two-Dimensional (2D) Layered Materials (IC2DMat) (Oct. 12 - 15, 2014, Hangzhou)
--"Fabrication and Characterization of WTe&subsc{2}; Field-effect Transistors"
---Koji Fukushima, Yusuke Tabata and &super{○};Keiji Ueno, P-41
+第48回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム(2015年2月,東京)
--"Mechanical exfoliation and van der Waals assembly of layered ferromagnetic dichalcogenide Fe&subsc{x};TaS&subsc{2};"
---東大生産研&super{1};,埼玉大院理工&super{2}; &super{○};荒井 美穂&super{1};, 守谷 頼&super{1};, 矢吹 直人&super{1};, 増渕 覚&super{1};, 上野 啓司&super{2};, 町田 友樹&super{1}; 3-4
+2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会(2015年3月11〜14日,東海大学)
--Si(111)基板上におけるジアセチレン薄膜成長過程の光学顕微鏡観察
---東大新領域&super{1};,埼玉大院理工&super{2}; &super{○};鎌田勇人&super{1};,小幡誠司&super{1};,上野啓司&super{2};,斉木幸一朗&super{1}; 11a-D2-2
--前駆体溶液塗布膜からのMoS&subsc{2};薄膜作製及びH&subsc{2};アニールによる特性変化
---埼玉大院理工 &super{○};黒崎祐太郎,上野啓司 11a-P6-24
--C-Si/PEDOT:PSS heterojunction solar cells with a TiO&subsc{2}; AR coating
---Saitama University &super{○};Q. Liu, T. Ohki, R. Ishikawa, K. Ueno, H. Shirai
---Saitama University &super{○};Q. Liu, T. Ohki, R. Ishikawa, K. Ueno, H. Shirai 11p-C2-7
--Si/PEDOT:PSSヘテロ接合太陽電池の劣化機構
---埼玉大院理工 &super{○};武居雄輝,八木大地,石川 良,白井 肇,上野啓司 12p-P7-21
--霧化塗布法によるテクスチャーSi /PEDOT:PSS接合太陽電池
---埼玉大理工 &super{○};大木達也,市川浩気,石川 良,上野啓司,白井 肇 12p-P7-23
--FTIR-ATR によるc-Si/PEDOT:PSS 界面化学結合評価と太陽電池性能
---埼大理工研 &super{○};船田修司,大木達也,市川浩気,石川 良,上野啓司,白井 肇 12p-P7-24
--P(VDF-TeFE)強誘電体高分子を挿入したc-Si/PEDOT:PSS 太陽電池
---埼玉大 &super{○};舛森建太,劉 奇明,石川 良,上野啓司,白井 肇 12p-P7-25
--CH(NH&subsc{2};)&subsc{2};Pb(I&subsc{1-x};Br&subsc{x};)&subsc{3};薄膜の作製および評価
---&super{○};山中孝紀,石川 良,本多善太郎,上野啓司,白井 肇 13a-P13-24

*研究会,セミナー講演(予定も含む) [#uff6012f]
+「カルコゲナイド系層状物質原子膜の作製と素子応用」上野啓司,日本表面科学会 第82回表面科学研究会「原子膜研究の最前線」,東京,2014年7月25日(招待講演)。
+「原子層物質の成長」上野啓司,新学術領域研究「原子層科学」第3回全体会議,東京,2014年8月7日(依頼講演)。
+「グラフェン薄膜の塗布形成法開発と透明フレキシブルデバイスへの応用」上野啓司,Electronic Journal 第2184回 Technical Seminar,東京,2014年8月25日(依頼講演)。
+「二次元化合物入門 続編:カルコゲナイド系層状物質」上野啓司,鳥取大学工学部附属先端融合研究センター 公開講座(基礎科目),鳥取,2014年10月23日(招待講演)。
+「遷移金属ダイカルコゲナイドの原子層形成手法と素子応用」上野啓司,第9回ATI合同研究会『原子層と界面そのものが鍵となる新機能』―物質を薄くしていった極限の科学: 現状と展望―,東京,2014年11月26日(依頼講演)。
+「遷移金属ダイカルコゲナイドの原子層形成手法と素子応用」上野啓司,産業総合技術研究所講演会,つくば,2015年2月23日(招待講演)
*アウトリーチ活動 [#uf689aa7]
+私立富士見中学高等学校 模擬授業「塗るだけでできる太陽電池」参加者:中高校生21名+教員 2014年6月17日
+埼玉大学 科学者の芽育成プログラム [ステップ2〜3]冬休み集中講座「塗るだけでできる太陽電池」参加者:小中高生,教員等約30名 2014年12月25日

*特許 [#q31fc393]
*受賞 [#m9b1d2ea]
+The 6th International Conference on Recent Progress in Graphene Research (RPGR2014) Best Poster Award
--"Fabrication of Ambipolar α-MoTe&subsc{2}; Thin Film Field-Effect Transistors"
---&super{○};Keiji Ueno, Yusuke Tabata, PJ-01

*外部資金獲得状況 [#x2852d08]
+平成25〜29年度 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
--「原子層科学」(領域代表者:東北大学 齋藤理一郎教授)
--計画研究(総括班およびA03応用班)研究分担者
--直接経費(平成26年度) 総括班:200千円,応用班:4,000千円
+民間企業との共同研究 1件
+「次世代有機太陽電池開発プロジェクト」参加
~
*学会等の活動 [#t177d98e]
-第27回マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議(27th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2014))論文委員
-日本真空学会 講演・研究企画委員
-応用物理学会 和文機関誌『応用物理』外部記者
-日本真空学会 第56回真空に関する連合講演会 プログラム委員