活動報告・予告 / Annual Reports/若狭研究室2007

研究室教員

発表論文

  1. "磁場による触媒反応の制御", 3. M. Wakasa, Y. Tanimoto, 触媒, 46, 224-229, 2004.
  2. "Viscosity Dependence of the Magnetic Field Effect Due to the Δg Mechanism", 2. Y. Kitahama, M. Wakasa, Y. Sakaguchi, J. Phys. Chem. A, 108, 754-757 (2004).
  3. "Magnetic Field Effect on Photocatalytic Reaction with Ultra Fine TiO2 Particles", 1. M. Wakasa, S. Suda, H. Hayashi, N. Ishii, M. Okano, J. Phys. Chem. B, 108, 11882-11885 (2004).
  4. A. Hamsaki, K. Nishizawa, Y. Sakaguchi, T. Okada, G. Kido, M. Wakasa, Anomalous Magnetic Field Effects Interpreted by the Relaxation Mechanism under Ultrahigh Fields of up to 28 T, Chem. Lett., 34, 1692-1693 (2005).
  5. M. Wakasa, N. Ishii, M. Okano, Magnetic Field Effect on Photocatalytic Decomposition Reaction of tert-Butanol with Platinaized TiO2 Particles, Comptes Rendus, 9, 836-840 (2006).
  6. A. Hamasaki, Y. Sakaguchi, K. Nishizawa, G. Kido, M. Wakasa, Magnetic Field Effects on the Reaction of a Triplet-born Radical Pair Consisting of Two Equivalent Sulfur-center Radicals, Mol. Phys., 104, 1765-1771 (2006).
  7. M. Wakasa,Y. Kobayashi,M. Okano,半導体酸化チタン薄膜による光触媒反応に対する磁場効果,日本写真学会誌,69, 271-275 (2006).
  8. M. Okano, K. Nakamura, Y. Yamada, N. Hosoda, M. Wakasa, An improvement electrochemical synthesis of network polysilanes. Electrochemistry, 74, 956-958 (2006).
  9. M. Wakasa, Y. Takamori, T. Takayanagi, M. Orihara, T. Kugita, Re-examination of the Photochemical Reaction of Octaisopropyl- cyclotetragermane, J. Organomet. Chem., 692, 2855-2860 (2007).
  10. M. Wakasa, 磁場中における触媒反応, ペトロテック, 30, 497-501 (2007).
  11. M. Wakasa, Magnetic Field Effects on Photochemical Reactions in Ionic Liquids, J. Phys. Chem. B, 111, 9434-9436 (2007).

外部資金獲得状況

科学研究費補助金

  1. 平成16,17年度 基盤研究(C) 研究代表者 若狭雅信 
    • 『50テスラ超強磁場下での化学反応の磁場効果 』(3,600千円)
  2. 平成19,20年度 若手研究(スタートアップ) 研究代表者 矢後友暁
    • 『励起三重項状態を試料としたピコ秒スピン検出の開発』(3,034千円) 
  3. 平成20,21年度 特定領域「イオン液体の科学」研究代表者 若狭雅信
    • 『イオン液体中での光化学反応の磁場効果』(3,600千円)
  4. 平成20,21年度 特定領域「強磁場スピン科学」研究代表者 若狭雅信
    • 『強磁場下での化学反応の磁場効果』(4,400千円)

助成金

  1. 平成15年度 山田科学振興財団 研究代表者 若狭雅信 
    • 『化学反応のピコ秒ダイナミクスに対する超強磁場効果』 (2,000千円)
  2. 平成15,16年度 光科学技術研究振興財団  研究代表者 若狭雅信 
    • 『光と磁場の相互作用に関する新展開』(2,100千円)
  3. 平成15年度 島津科学技術振興財団 研究代表者 若狭雅信 
    • 『50テスラ超強磁場下での化学反応素過程の分光測定』(700千円)
  4. 平成17年度 コニカミニルタ画像科学振興財団 研究代表者 若狭雅信 
    • 『半導体光触媒反応に対する磁場効果』(300千円)
  5. 平成18年度 伊藤科学振興会 研究代表者 若狭雅信 
    • 『イオン液体中での光化学反応と磁場効果』 (750千円)