活動報告・予告 / Annual Reports/石井研究室2014

研究室教員

発表論文

  1. N.Nakata, Y.Yamaguchi, and A.Ishii European Journal of Inorganic Chemistry,30,5177-5184(2014) Reactions of Bis(dibenzobarrelenyl) Dichalcogenides with a Palladium(0)Complex: Unexpected Formations of Mononuclear Chalcogenide(dichalcogenolato)palladium(II) Complexes and Dichalcogenahexacyclo Compounds.
  2. N.Nakata, N.Furukawa, H.Kobayashi, I.Suzuki, and A.Ishii Heterocycles.,90,144-149(2014) Palladium(0)-mediated C-S and O-H Bonds Cleavage Reaction in 2-Hydroxybenzyl Phenyl Sulfide:Formations of Oxyphosphorane and 1,2-Oxapalladacycle.
  3. A. Ishii, S. Kobayashi, Y. Aoki, T. Annaka, and N. Nakata Heteroatom Chemistry,25,658-673(2014) Thiopene-Fused 3-Methylene-2,3-dihydrochalcogenophenes: Fluorescent Dyes Incorporated Rigid Dibenzobarrelene Skeleton.
  4. A. Ishii, Y. Aoki, and N. Nakata The Journal of Organic Chemistry,79,7951-7960(2014) Syntheseis of 4-Chalcogeno-1-aza-1,3-butadiene Derivatives by Intramolecular Cyano-Diels -Alder Reaction and Borane-Coordination-Induced Fluorescence Enhancement.
  5. N. Nakata, Y. Saito, and A. Ishii Organometallics,33,1840-1844(2014) Neutral Methyl and Cationic Aluminum Complexes Supported by a trans-1,2-Cyclooctanediyl-Bridged[OSSO]-Type Bis(phenolato)Ligand: Syntheseis, Structures, and Use in Catalysis for Propylene Oxide Polymerization.
  6. N. Nakata, Y. Saito, T. Watanabe, and A. Ishii Topics in Catalysis,57,918-922(2014) Completely Isospecific Polymerization of 1-Hexene Catalyzed by Hafnium(IV)Dichloro Complex Incorporationg with an [OSSO]-type Bis(phenolate)Ligand.
  7. H. Kamon, Y. Aoki, N. Nakata, and A. Ishii Bulletin of the chemical Society of Japan,87,274-282(2014) Characterization and Phenylacetylene-Assisted Cyclometalation of an Isolable Hydrido-Selenolato PtII Complex Having Phosphite Ligands, cis-[PtH(SeTrip){P(OPh)3}2].

学会発表

  1. 独立行政法人科学技術振興機構主催 首都圏北部4大学発新技術説明会(2014.6.19、東京) オレフィン類の高活性かつ立体選択的重合技術 ○中田憲男(依頼講演)
  2. XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (July 13-18, 2014, Royton Sapporo, Sapporo, Japan) Aluminum Complexes Supported by a trans-1,2-Cyclooctanediyl-Bridged [OSSO]-Type Bis(phenolato) Ligand: Syntheses, Structures, and Application (2P-006) 〇Yusuke Saito, Norio Nakata, Akihiko Ishii
  3. XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (July 13-18, 2014, Royton Sapporo, Sapporo, Japan) Niobium Complexes Supported by [OSO]- and [OSeO]-type Bis(phenoxide) Ligands:Syntheses, Structures, and Phenylacetylene Polymerization (3P-170) ○Norio Nakata, Jing An, Akihiko Ishii
  4. 41st International Conference Coordination Chemistry (21-25 July 2014, Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre, Singapore) Octahedral [OSSO]-type Zirconium Complexes in Highly Active and Isospecific Polymerization of Styrene ○Norio Nakata, Tomoyuki Toda, Akihiko Ishii, Tsukasa Matsuo
  5. 第25回基礎有機化学討論会(2014.9.7-9、東北大学、川内北キャンパス・萩ホール) 1-セレノ-1,3-ブタジエン誘導体とその酸化体:光物性と硫化水素センサーへの応用展開(1B09) ○安中辰朗・中田憲男・石井昭彦
  6. 錯体化学会第64回討論会(2014.9.18-20、中央大学、後楽園キャンパス) モノアニオン性[OSSO]型配位子を有するジルコニウム錯体の合成と1-ヘキセンの重合反応(1PD-004) ○細田也実・中田憲男・石井昭彦
  7. 錯体化学会第64回討論会(2014.9.18-20、中央大学、後楽園キャンパス) [OSS]型モノアニオン性配位子を有する4族遷移金属錯体の合成とα-オレフィン重合への展開(1PD-003) ○阿部寛生・中田憲男・石井昭彦
  8. 錯体化学会第64回討論会(2014.9.18-20、中央大学、後楽園キャンパス) イリジウム(I)錯体とトリプチセンセレノールの反応:新規なセレナイリダサイクルの生成と性質(2D-08) ○柴田知佳・中田憲男・石井昭彦
  9. 錯体化学会第64回討論会(2014.9.18-20、中央大学、後楽園キャンパス) NHC配位子を有するリン光性カルコゲナプラチナサイクルの合成とベイポクロミズム(1Ac-08) ○柴田麻里・中田憲男・石井昭彦
  10. 第63回高分子討論会 (2014.9.23-26, 長崎大学、文教キャンパス) アリール置換[OSSO]型ジルコニウム錯体によるスチレンのイソ特異的重合反応(3B09) ○中田憲男・戸田智之・渡辺孝典・石井昭彦・松尾司
  11. 第63回高分子討論会 (2014.9.23-26, 長崎大学、文教キャンパス) 光学活性な[OSSO]型配位子を有するジルコニウム錯体を触媒とする非共役ジエンの環化重合(3B08) ○渡辺孝典・中田憲男・石井昭彦
  12. 第41回有機典型元素化学討論会(2014.11.27-29、山口大学、宇部市文化会館文化ホール) ジベンゾバレレンに組み込まれた1,4-ジアリール-1-カルコゲノ-1,3-ブタジエン誘導体の合成と光物性(O-122) ○柴田麻里・安中辰朗・中田憲男・石井昭彦
  13. 平成26年度 高分子学会 第26回埼玉地区懇話会(2015.1.16、埼玉大学) 高活性かつ高立体特異的オレフィン重合を可能とするポストメタロセン触媒の創製 ○中田憲男(依頼講演)
  14. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) ルイス塩基によって安定化されたシリレンとアジド化合物との反応(2F4-36) ○渡辺孝典・中田憲男・橋爪大輔・加藤剛・Baceiredo Antoine
  15. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) [NSN]型スルホジイミドアニオン種とGeCl2・ジオキサン錯体との反応(2F4-43) ○細田也実・中田憲男・石井昭彦
  16. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) 9-トリプチセンセレノラト配位子を有する16電子イリジウム(Ⅲ)錯体の合成と反応(3F3-40) ○柴田知佳・中田憲男・石井昭彦
  17. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) [OEO]型三座配位子(E=S、Se)を有するアルミニウム錯体:合成、構造解析とε-カプロラクトンの開環重合(1G1-29) ○豊田美希・中田憲男・石井昭彦
  18. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) [OEO]型三座配位子(E=S、Se)を有するイットリウム-リチウム二核錯体:合成、構造およびε-カプロラクトンの開環重合反応(3F4-07) ○山本華子・中田憲男・石井昭彦
  19. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) 電子供与基としてジフェニルアミノ基を有するD-n-A型1,4-ジアリール-1,3-ブタジエンの合成と物性(1D4-48) ○牧島幸宏・中田憲男・石井昭彦
  20. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) 7員環1,2-オキサニッケラサイクルの一酸化炭素およびイソシアニドに対する反応性(4F3-10) ○小林大樹・中田憲男・石井昭彦
  21. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) セレノキシド/セレニドの酸化還元系に基づく可逆的なTurn-on型硫化水素蛍光プローブの開発(2B4-38) ○安中辰朗・中田憲男・石井昭彦
  22. 日本化学会第95回春季年会(2015.3.26-29、日本大学、理工学部船橋キャンパス/薬学部) [OSSO]型ジルコニウム錯体を触媒とするω-シロキシ-α-オレフィン類の単独および共重合反応(3F4-18) ○斎藤雄介・中田憲男・石井昭彦

学会発表-特記事項

講演会・セミナー発表

外部資金獲得状況

  1. 平成26年度(2014)有機合成化学協会・三洋化成工業研究企画賞 新規な機能性ポリオレフィンの創製を指向した極性モノマー類の精密重合反応の開発,中田憲男(代表) 500千円
  2. 平成26年度(2014)公益社団法人 石油学会 寄附金,ポストメタロセン触媒を用いるスチレンの高効率・高選択的重合反応の開発,中田憲男(研究代表者)1,000千円(平成26年度)
  3. 平成26-27年度(2014-2015)徳山化学技術振興財団・研究助成金,新規な機能性ポリオレフィンの創製を指向した極性モノマーの立体制御重合法の開発,中田憲男(代表) 2,000千円
  4. 平成26-27年度(2014-2015)JST 研究成果最適転回支援プログラム A-STEP 生体内の硫化水素を可視化するON-OFF型傾向プローブの開発,中田憲男(代表) 1,307,693円 

科学研究費補助金

  1. 平成25-27年度(2013-2015) 基盤研究(C),高付加価値オレフィンの精密重合を可能とする[OSSO]型触媒の開発・設計,中田憲男(研究代表者)1,300千円(平成26年度)

共同研究

  1. 遷移金属触媒を用いる効率的・選択的合成反応の研究, A社,石井昭彦
  2. 実験的電子密度分布懐石に基づく遷移金属的ケイ素化合物の生成機構解明と反応設計, 理研(橋爪大輔), フランス・ポールサバチエ大学(加藤 剛, Antoine Baceiredo), 中田憲男

学会活動等

  1. Heteroatom Chemistry (Wiley) Far-East Editor (Akihiko Ishii)

地域貢献等