活動報告・予告 / Annual Reports/斎藤(雅)研究室2019

研究室教員

発表論文

  1. "Anionic Stannaferrocene and its Unique Electronic State", M. Saito, N. Matsunaga, J. Hamada, S. Furukawa, R. H. Herber and T. Tada, Chem. Lett., 48, 163-165 (2019).
  2. "Inverted Sandwich Rh Complex Bearing a Plumbole Ligand and its Catalytic Activity", M. Saito, M. Nakada, T. Kuwabara, S. Furukawa, R. Narayanan, M. Abe, M. Hada, K. Tanaka and Y. Yamamoto, Organometallics, in press.

受賞等

外部資金獲得状況

  1. 2018~2020年度 科学研究費補助金基盤研究(A) 斎藤雅一(代表) σおよびπ二重芳香族性および二重非局在系の創製と展開(今年度8500千円)

学会等での活動

  1. 2009年2月- Editorial Advisory Board of Applied Organometallic Chemistry(斎藤雅一)
  2. 2012年4月- ケイ素化学協会理事(斎藤雅一)
  3. 2014年10月- Editorial Board of Main Group Metal Chemistry(斎藤雅一)
  4. 2016年1月- International Advisory Board of European Journal of Inorganic Chemistry(斎藤雅一)
  5. 2017年12月ー 有機合成化学協会代議員(斎藤雅一)
  6. 2017年12月ー 有機π電子系学会幹事(斎藤雅一)