活動報告・予告 / Annual Reports/斎藤(雅)研究室2019

研究室教員

発表論文

  1. "Anionic Stannaferrocene and its Unique Electronic State", M. Saito, N. Matsunaga, J. Hamada, S. Furukawa, R. H. Herber and T. Tada, Chem. Lett., 48, 163-165 (2019).

受賞等

外部資金獲得状況

  1. 2018~2020年度 科学研究費補助金基盤研究(A) 斎藤雅一(代表) σおよびπ二重芳香族性および二重非局在系の創製と展開(今年度8500千円)

学会等での活動

  1. 2009年2月- Editorial Advisory Board of Applied Organometallic Chemistry(斎藤雅一)
  2. 2012年4月- ケイ素化学協会理事(斎藤雅一)
  3. 2014年10月- Editorial Board of Main Group Metal Chemistry(斎藤雅一)
  4. 2016年1月- International Advisory Board of European Journal of Inorganic Chemistry(斎藤雅一)
  5. 2017年12月ー 有機合成化学協会代議員(斎藤雅一)
  6. 2017年12月ー 有機π電子系学会幹事(斎藤雅一)