活動報告・予告 / Annual Reports/斎藤(雅)研究室2016

研究室教員

発表論文

  1. "The Chemistry of Heterasumanenes", M. Saito, S. Furukawa, J. Kobayashi and T. Kawashima, Chem. Rec., 16, 64-72 (2016).
  2. "Serendipitous Reactions Involving a Silicone Grease", L. C. Pop and M. Saito, Coord. Chem. Rev., 314, 64-70 (2016).
  3. "(η4-Butadiene)Sn(0) Complexes: A New Approach for Zero-valent p-Block Elements Utilizing a Butadiene as a 4π-Electron Donor", T. Kuwabara, M. Nakada, J. Hamada, J. D. Guo, S. Nagase and M. Saito, J. Am. Chem. Soc., 138, 11378–11382 (2016) .
  4. "Soft Wet-chemical Synthesis of Ru-Sn Nanoparticles from Single-source Ruthenocene-stannole Precursors in an Ionic Liquid", S. Wegner, M. Saito, J. Barthel and C. Janiak, J. Organomet. Chem., 821, 192-196 (2016).

受賞等

外部資金獲得状況

  1. 2014~2018年度 科学研究費補助金新学術領域研究 計画研究 斎藤雅一 元素の特性を活かした典型元素π造形(今年度5100千円)
  2. 2015~2017年度 科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)斎藤雅一 骨格に重元素を含むアニオン性芳香族化合物を配位子とした遷移金属錯体の創製(今年度3700千円)
  3. 2015~2016年度 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 斎藤雅一 典型元素を用いた窒素分子の活性化(今年度1200千円)
  4. 2015~2016年度 科学研究費補助金新学術領域研究 公募研究 古川俊輔 光感応性大環状へテラスマネンの創製と高効率光電荷移動システムの開発(今年度2400千円)
  5. 2016~2017年度 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 古川俊輔 有機薄膜太陽電池の限界突破を指向した長距離励起子拡散長π共役系の創製(今年度1600千円)
  6. 2016年度 山田科学振興財団 斎藤 雅一 新しい非局在電子系であるσ芳香族性の探究(3000千円)

学会等での活動

  1. 2009年2月- Editorial Advisory Board of Applied Organometallic Chemistry(斎藤雅一)
  2. 2012年4月- ケイ素化学協会理事(斎藤雅一)
  3. 2014年10月― Editorial Board of Main Group Metal Chemistry(斎藤雅一)
  4. 2016年1月- International Advisory Board of European Journal of Inorganic Chemistry(斎藤雅一)