活動報告・予告 / Annual Reports/坂本研究室2011

研究室教員

原著論文(査読あり)

  1. A. Sakamoto, K. Mori, K. Imura, and H. Okamoto, "Nanoscale Two-Photon Induced Polymerization of Diacetylene LB Film by Near-Field Photoirradiation", J. Phys. Chem. C, 115, 6190 – 6194 (2011).
  2. 坂本 章, 講座 「赤外分光測定法―基礎と最新手法」, 第II部 各種測定法編, 第10回 「17. 時間分解赤外分光法」, 分光研究, Vol.60(No.4), 145-153 (2011).

著書・総説・解説等

学会発表・シンポジウム講演等

  1. A. Sakamoto, S. Ochiai, H. Higashiyama, K. Masutani, J. Kimura, E. Koseto-Horyu, and M. Tasumi, "Development of a Portable Raman Imaging Spectrometer Using Dimension-Compressed Imaging Optical Fibers for Studying Cultural Properties", FACSS (Federation of Analytical Chemistry and Spectroscopy Societies) Conference 2011 [October 2011, Reno, Nevada, USA]
  2. A. Sakamoto, T. Harada, Y. Takahashi, and N. Tanaka, "A new approach to the spectroscopic study of unstable radicals and ions in solution", FACSS (Federation of Analytical Chemistry and Spectroscopy Societies) Conference 2011 [October 2011, Reno, Nevada, USA] [Invited]
  3. 石塚 竜二,坂本 章, 「テルチオフェンカチオン種の赤外吸収スペクトルの測定と解析」, 第5回 分子科学討論会 2011 [2011年9月,札幌コンベンションセンター]
  4. 大竹 智史,小林 徹,坂本 章,成島 哲也,岡本 裕巳, 「金ナノ構造体を用いたジアセチレン単量体LB膜の光重合反応の検討」, 第5回 分子科学討論会 2011 [2011年9月,札幌コンベンションセンター]
  5. 坂本 章,落合 周吉,増谷 浩二,東山 尚光,木村 淳一,小瀬戸 恵美, 「次元圧縮型イメージファイバーを用いた面測定ラマンイメージング装置の改良と応用」, 第5回 分子科学討論会 2011 [2011年9月,札幌コンベンションセンター]
  6. 齊藤 友里恵,山跡 達也,坂本 章, 「近赤外光励起ピコ秒時間分解ラマン分光システムの改良」, 平成23年度 日本分光学会 年次講演会 [2011年12月,理化学研究所 横浜研究所]
  7. 鈴木 暁彦,坂本 章,丸山 雄介,服部 淳彦,奈良 雅之, 「モツゴ ウロコの顕微赤外イメージング分光測定」, 平成23年度 日本分光学会 年次講演会 [2011年12月,理化学研究所 横浜研究所]
  8. 石塚 竜二,坂本 章, 「テルチオフェンラジカルカチオン,ラジカルカチオン二量体およびジカチオンの赤外吸収スペクトルの測定と解析」, 日本化学会 第92春季年会(2012) [2012年3月,慶應義塾大学 日吉キャンパス 矢上キャンパス]
  9. 鈴木 暁彦,坂本 章,丸山 雄介,服部 淳彦,奈良 雅之, 「顕微赤外イメージング分光測定によるモツゴのウロコの状態・分布解析」, 日本化学会 第92春季年会(2012) [2012年3月,慶應義塾大学 日吉キャンパス 矢上キャンパス]
  10. 齊藤 友里恵,山跡 達也,坂本 章, 「近赤外光励起ピコ秒時間分解ラマン分光システムの改良と応用」, 日本化学会 第92春季年会(2012) [2012年3月,慶應義塾大学 日吉キャンパス 矢上キャンパス]
  11. 横溝 邦彦,坂本 章,藤原 隆司,永澤 明,石丸 雄大, 「フラーレンを導入したピロール環拡張ポルフィリンの物性」, 日本化学会 第92春季年会(2012) [2012年3月,慶應義塾大学 日吉キャンパス 矢上キャンパス]

受章等

  1. 若手ポスター賞(2011 Young Scientist Poster Award of The Spectroscopical Society of Japan),平成23年度 (社)日本分光学会年次講演会[平成23年11月30日(水)~12月2日(金),理化学研究所 横浜研究所],○齊藤 友里恵,山跡 達也,坂本 章,「近赤外光励起ピコ秒時間分解ラマン分光システムの改良」

特許

外部資金獲得状況

  1. 科学研究費補助金 基盤研究(C),期間:平成22~24年度, 研究代表者:坂本 章, 研究課題名:共役ラジカルイオン二量体分子系の赤外吸収測定と電子-分子振動相互作用の解析, 研究経費:3,700 千円(平成22年度:1,700 千円,平成23年度:1,300 千円,平成24年度:700 千円)[この他に間接経費として直接経費の30%]
  2. 科学研究費補助金 特定領域研究「分子高次系機能解明のための分子科学」(公募研究),期間:平成22~23年度, 研究代表者:坂本 章, 研究課題名:近赤外光励起ピコ秒時間分解ラマン分光法による機能性分子・高分子・生体分子の研究, 研究経費:4,000 千円(平成22年度:2,000 千円,平成23年度:2,000 千円)
  3. 先端計測分析技術・機器開発事業 「プロトタイプ実証・実用化プログラム」 [独立行政法人 科学技術振興機構],期間:平成21年度-平成23年度, チームリーダー:東山 尚光((株)エス・ティ・ジャパン),サブリーダー:坂本 章, 開発課題名: 文化財等複合材料評価用ラマンイメージング装置の開発, 開発費(総額):66,500 千円(平成21年度:20,500 千円,平成22年度:28,150 千円,平成23年度:17,850 千円), 受託研究経費(埼玉大学直接配分額):5,800 千円(平成21年度:1,500 千円,平成22年度:1,900 千円,平成23年度:2,400 千円)[この他に間接経費として直接経費の30%]

学会等の活動

  1. 日本分光学会 赤外ラマン分光部会 幹事(会計) [平成17年3月~]
  2. 日本分光学会 企画委員会 委員 [平成20年1月~]
  3. 日本化学会 関東支部 化学教育協議会委員 [平成21年4月~平成24年3月]