活動報告・予告 / Annual Reports/二又研究室2016

活動報告・予告/Annual Reports

研究室教員

発表論文

  1. C. Iida, K. Akai, J. Murakami, M. Futamata, "Gap mode induced laser trapping of silver nanoparticles on thiophenol-covered silver substrates", Chemical Physics Letters, in press 2016, DOI: http://dx/doi/org/10.1016/j.cplett.2016.05.009.
  2. K. Akai, C. Iida, M. Futamata, “Plasmon induced phtocatalytic reaction of thiol molecules”, submitted.

特許申請

学会発表

  1. 渡邉 芙美枝, 阿部 理佐, 中里 真実, 二又政之, "表面増強赤外分光法を用いた金電極表面のカチオン及び水分子の挙動", 第75回分析化学討論会, 2015.05.24-05.25. (山梨大学)
  2. 二又政之、飯田千晶、赤井啓太郎、石倉真保、「ギャップモードを利用した高感度ラマンセンシング」、第76回分析化学討論会、岐阜大学(岐阜)、2016.05.28-29.
  3. 二又政之、吉川英、「高感度振動分光分析のための銀蒸着膜の清浄化」岐阜大学(岐阜)、2016.05.28-29.
  4. K. Akai, M. Ishikura, M. Futamata, “Photochemical reaction of adsorbed molecules at nanogap between silver nanoparticle and silver substrate”, 第32回化学反応討論会(1P19)、大宮ソニックシティ(大宮)、2016.06.01-03.
  5. C. Iida, M. Ishikura, K. Akai, J. Murakami, and M. Futamata* (Oral), “Gap-mode induced laser trapping of silver nanoparticles towards single molecule sensitivity in Raman scattering”, 14th International Conference on near-field optics and photonics (nfo-14), Hamamatsu, 2016.09.04-08.
  6. S. Nakae, M. Ishikura, T. Yoshikawa and M. Futamata*, ”Application of gap mode Raman spectroscopy to non-metal materials”, nfo-14, Hamamatsu, 2016.09.04-08.
  7. K. Akai, C. Iida and M. Futamata*, “Photocatalytic reaction of adsorbed molecules under a gap mode resonance”, nfo-14, Hamamatsu, 2016.09.04-08.
  8. T. Yoshikawa, S. Nakae, and M. Futamata*, “Ostwald ripening of evaporated silver films in various solutions”, nfo-14, Hamamatsu, 2016.09.04-08. 予定も含む

学会活動

  1. 日本化学会, 日本分析化学会, 表面科学会, コロイド及び界面化学部会, イギリス王立化学会

共同研究

  1. Xiamen University (China), Prof. D-Y. Wu, SERSの理論計算
  2. Shanghai University (China), Prof. L. Luo, 燃料電池用触媒調製
  3. 産総研, "金属クラスターの触媒作用の解析"(産総研 村上純一博士、埼玉大学理工学研究科客員教授)

セミナー

  1. 産総研光計測実践セミナー、二又政之(依頼)「ナノスケールでの分光計測及び関連技術」、2016.05.31.

外部資金獲得状況

  1. 科研費基盤研究B(一般):「ナノ構造体/溶液界面の1分子反応素過程の解析」(H25-H28) 研究代表者、1500万円(総額)
  2. ソルト・サイエンス研究財団:「海水成分及び微量不純物の効率的捕捉・除去(回収)及び超高感度状態分析」平成28年度研究助成番号1618、100万円
  3. 第25回鉄鋼研究振興助成:「鉄鋼表面化学種の超高感度分析」平成28-29年度、200万円(総額)