活動報告・予告 / Annual Reports/二又研究室2009

研究室教員

発表論文

  1. Masayuki Futamata, Yoshihiro Maruyama, “Anion-induced LSP spectral changes correlating with SERS activity for cationic dye on immobilized Ag nanoparticles”, Proceedings of SPP-4, 2009, pp.391-392.
  2. Masayuki Futamata, Yoshihiro Maruyama, “LSP and SERS activity of metal nanostructures fabricated by EBL and nanosphere overlayer”, Proceedings of SPP-4, 2009, pp.393-394.
  3. 二又政之、“単分子分光”、ナノ計測の国際比較(科学技術振興機構)、2009年pp.199-205.

学会発表

  1. M. Futamata, Y. Maruyama, “Anion-induced LSP spectral changes correlating with SERS activity for cationic dye on immobilized Ag nanoparticles”, The 4th International Conference on Surface Plasmon and Photonics (SPP-4), Amsterdam (The Netherland), June 21, 2009.
  2. M. Futamata, Y. Maruyama, “LSP and SERS activity of metal nanostructures fabricated by EBL and nanosphere overlayer”, The 4th International Conference on Surface Plasmon and Photonics (SPP-4), Amsterdam (The Netherland), June 21, 2009.
  3. M. Futamata (Invited), “Anion induced Chemical Enhancement in SERS”, International Symposium on In-situ Spectroscopy at Interface”, Sapporo, July 14, 2009.
  4. 二又 政之(依頼講演), “ナノ構造デバイス解析のための超高感度・超解像ラマン分光”, マテリアルズテーラーリング研究会, 軽井沢, 2009.7.28-29.
  5. 二又 政之(依頼講演), “SERS-化学的増強:カチオンによるAgナノ粒子の近接安定化”, 日本分光学会、高感度表面・界面分光部会シンポジウム, つくば、2009.12.24.
  6. 二又 政之、“SERS化学的増強におけるアニオン効果”、科研費特定領域シンポ(光―分子強結合場)、京都, 2009.9.5.-7.
  7. 二又 政之、ユ エイエイ、簗取 友美、國分 健志、” 液中銀ナノ粒子のアニオン及びカチオンによる安定化とSERS活性”、2009年分子科学討論会, 2009.9.21.名古屋 他7件(日本分光学会年会、分子科学討論会など)、合計14件

学会活動

  1. 日本分光学会高感度表面・界面分光部会代表、第2回シンポの計画・運営
  2. 日本分光学会代議員

共同研究

  1. 産総研客員研究員、” 金属クラスターの触媒作用の解析” (産総研 村上純一博士).

外部資金獲得状況

  1. 科研費基盤研究B(一般):「固液界面のナノ反応解析のための単一分子感度・ナノメータ空間分解能のラマン分光法」、(H21-H24)研究代表者、710万円
  2. 科研費特定領域・公募研究:「金属ナノ構造と吸着分子の間の電子的相互作用の解明」(H21-H22)研究代表者 190万円
  3. 池谷科学技術財団:「固液界面のナノ計測のための超高感度・超解像ラマン分光法」(H21)研究代表者、200万円