埼玉大学理学部基礎化学科
教官紹介

中原 弘雄 (NAKAHARA HIROO)


1.1943

2.教 授

3.埼玉大学文理学部(1965),理学博士(1985,東京大学)

4.埼玉大学理工学部(1967-1976),同理学部助手(1976-1988),同助教授(1988-1995),同教授(1995-),

  Max-Planck-Institut fur biophysikalische Chemic (Gottingen) 研究員(1978-80)

5.物理化学U,化学熱力学,物性化学,分子集合体特論

6.コロイド・界面化学,高分子化学

7.日本化学会(日化誌編集委員1986-1988,コロイド・界面化学部会幹事1990-1992,支部幹1995-1996),

  高分子学会(支部幹事1996-1998),応用物理学会,表面科学会,分子組織(LB)膜国際会議組織委員(1993-)

8.生体系では脂質やタンパク質が巧みに組織化されて膜構造を形成し,様々な情報交換機能が営まれている。機能性

  原子団を含む両親媒性化合物の水面上単分子膜を固体表面上に累積した層状分子組織体(LB膜)は,生体膜モデ

  ルとなるだけでなく(J. Colloid Interface Sci.,1978, 54, 517; Chem. Lett., 1979, 453),新しい機能を

  担う分子素子の可能性が秘められている(化学総説, 1983, 40, 82; 化学と工業, 1985, 38, 138) 。そこでは

  二次元平面と垂直方向における分子相互の距離および配向が制御でき(J. Colloid Interface Sci.,1976, 54,

  430; ibid,1979, 69,24; ibid,1983, 93, 530; J. Phys. Chem.,1986, 90, 6144),物性や反応性に対

  する分子の配列効果を研究することが出来る(in "New Developments in Construction and Functions of

  Organic Thin Films," pp.71-108, Elsevier Sci. Pub., 1996; 化学と工業, 1998, 51,1048)。

9."超薄分子組織膜の科学"

  (共著,講談社,1993)

  "Molecular Orientation and Electrical Behaviour of Langmuir-Blodgett Films of Phthalocyanine

  Derivatives containig Eight Alkyl Chains"

  (J. Materials Chem.,1995, 5, 395).

  "Selective inclusion of naphthalene derivatives by monolayers of amphilic cyclodextrins at the

  air-water interface"

  (Thin Solid Films, 1996, 284-285,687).

  "Two-dimensional Aggregation of a Long-Chain Thiacarbocyanine Dye Mololayer on Polyanion

  Subphases"

  (J. Phys. Chem.,1996, 100, 20138).

  "Complex Formation between Monolayers of a Novel Amphilic Thiazolato Dye and Transition Metal

  Ions at the Air/Water Interface"

  (Langmuir,1997, 13,779).

  "Linear and non-linear optical behaviors of Langmuir-Blodgett multilayers of push-pull tolan

  derivatives"

  (J. Opt. Soc.Am., 1998, B15,458).

10.nakahara@chem.saitama-u.ac.jp



1. 生年(西暦)2.職名 3.学歴 4.略歴 5.担当授業 6.専門分野 7.所属学会(役職名,期間)8.現在の研究テーマ 9.主な研究業績(論文・著書) 10.メールアドレス

Return


Department of Chemistry, Faculty of Science SAITAMA UNIVERSITY
このホームページに関するご意見、ご感想はchem-admin@chem.saitama-u.ac.jpまで.